第5回 (株)氏田組・大河津建設(株)合同安全衛生大会


平成30年8月27日、(株)氏田組と大河津建設(株)合同
第5回安全衛生大会を本社2階にて開催いたしました。

今回は氏田組、大河津建設の協力会社の皆様にもご出席頂き、盛大な大会となりました。

開会の挨拶



氏田組社長 波潟昭義、大河津建設社長 伊藤昭芳より開会の挨拶。

健康づくり講話



(一財)新潟健康増進財団の渡邉様より
「心を元気に!ストレスと上手につきあおう」、「腰痛予防のコンディショニング」についてお話をしていただきました。


ストレスのチェックでは、質問項目に答え自分のストレス度を理解したり、唾液アミラーゼ測定を行い実際のストレス度を測定します。
代表でUさん、Yさんが測定にチャレンジ。結果は驚愕の・・・


続いて腰痛予防のコンディショニングを全員で体験。
腰痛とは縁の深い業種なので皆さん真剣にやっております。

安全教育



大河津建設 山岸部長より「災害発生時の緊急連絡体制の確認」についてお話しがありました。
イザという時に迅速な連絡ができるよう今一度連絡体制の確認をお願いします。

救急講話



燕・弥彦総合事務組合 分水消防署の樋山様より「蜂と熱中症と時々救急車」についてお話をしていただきました。
今年は猛暑のため蜂刺されや熱中症に悩まされました。
私たちは緊急時の対応に不慣れです。
今回、現場に精通した救急隊員の方から、緊急性を要するもの、要しないものの判断について大変貴重なお話しを聞くことができました。
このお話しを心にとどめ、より迅速な対応が取れるよう努めていきたいと思います。

感想発表



本日の講話について、土木部 大川次長、建築部 大矢主任、大河津建設 小田部長より感想を述べていただきました。

安全宣言



建築部 小熊部長、大河津建設 神保主任より「新潟ゼロ災宣言運動2018」を宣言していただきました。
今後も労働災害ゼロを目指し、安全安心な職場作りに努めてまいります。

第一部閉会の挨拶



河合専務より閉会の挨拶
これにて第一部は終了になります。
講師の皆様、協力会社の皆様、この度はありがとうございました。

第二部 安全教育



大河津建設 伊藤社長よりフルハーネス型安全帯と空調作業服について説明していただきました。


フルハーネス型の安全帯を着用して実際に吊られてみます。
今までの腰に巻くタイプの安全帯に比べ着脱の手間がかかる反面、身体にかかる負荷が分散されより安全となっています。


今年大流行の空調作業着。
一部では売り切れの声も聞こえてきましたが、さすがにこれだけ暑い夏はこういった装置に頼りたくなります。
決して安くないものですが、少しでも熱中症の予防に役立てるなら欲しい装備です。


半日にわたり開催された安全大会はこれにておしまい。
社員の皆さんお疲れ様でした。
今回の安全大会の内容を業務に活かし、安全作業でお願いします。